読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

垂流

報酬月額7桁超えの「それなりアフィリエイター」が語る日常

watchOSとApple Musicの無意識

watchOS

Apple Watch用のOS「watchOS」が秋にアップデートされるようですな。

  • アップルウォッチ単体で実行できるアプリが開発可能に。
  • 好きな画像を時計の背景に設定できる。
  • 充電中の時計表示。
  • 時計表示画面に設置できる機能が純正以外も可に。

といった辺りがポイントでしょうか。

ニュースを精読してないので、内容が間違っとるかもしれん。

つぅか、2つめ以降は、最初からやれるようにしとけ、って感じですんが。

あるいは、いますぐアップデートしろ、的な。

気になるのは、1つめで、プログラムの実行をiPhoneにやらせないということになるので、「電池の持ちが悪くなるのでは?」と思うのだけど、どうなんじゃろかね。

まぁ、とりあえず、待つしかないか。

秋なんて言わず、早く出して欲しいもんだ。わい。

ちなみに最近は、手首のアップルウォッチを見る度に、金メッキしたいキモチで一杯デス。

 

Apple Music

アップルネタばっかりだけど、音楽の定額サービスも始まるようですな。

いらんけど。

退蔵益って話もあるけど、定期的にお金が入ってくるってのは、商売の王道ですな。

孫正義ADSL用のルータをタダでばら撒いたのは、いつのことだったか、ねぇ。

10年以上前、かな?

一度契約すると、メンドイんで、なかなか変えない。

ので、毎月、金が入ってきて、「ウマー」となる、という、ね。

例えば、携帯の料金プランが意味不明なのも、変更させないためのハードルだわな。

ヤフーBBADSLのときは、ルーター無料かつ接続料値下げで、契約をかなり伸ばしたハズ。

でも、大量に生じたNTTからの切り替えが作業が、ムチャクチャ糞詰まっていたよね。

そんな風に、ソフトバンクが「大変なご迷惑」を世間様にお掛けした会社であることを、オレは忘れてないよ。

というか、利益を取るためには、人の迷惑顧みずにヤッちゃうエゲツナイ会社だということを、ね。

うん。

 

無意識

最近、無意識について、研究中で、あーる。

 ティモシー・ウィルソンの下の著作を呼んだけど、最後の30ページくらいだけ読めば十分な気が・・・。

なんで、外国のこういう系のヤツって、結論が3行くらいなのに、話がなげぇんだろうなぁ。

翻訳がヘタなのか、長く楽しめる読み物として書かれているからなのかは、不明だが。

ちとヒドい。

すでに他の本を読んでたからなのか、あんまりビビビと来るようなことは書かれてなかった。

 続いて呼んでいる、『ファスト&スロー』の方が、ダンゼン読みやすく、面白い。

もしかして、著者の頭の良さが違うとか?(え?)

自分を知り、自分を変える―適応的無意識の心理学

自分を知り、自分を変える―適応的無意識の心理学

  • 作者: ティモシーウィルソン,村田光二
  • 出版社/メーカー: 新曜社
  • 発売日: 2005/05/20
  • メディア: 単行本
 
ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ファスト&スロー(上) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

  • 作者: ダニエル・カーネマン,村井章子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/06/20
  • メディア: 文庫
 

⇒ 当ブログ管理人kihiro:作品一覧、著者略歴