読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

垂流

報酬月額7桁超えの「それなりアフィリエイター」が語る日常

QTE=クソゲーな理由

シェンムー3だそうで。

キックスターターだそうで。

しかも、すぐに目標最低額達成だそうで。

過去において、「シェンムーwww」みたいなコメントは何度も見た。

けれども、長らく実際のゲームを見たことがなくて、つい数カ月前に見たのだが。

「何だよ。龍が如くジャン。」

って感じでしたね。(そのまま)

実際、元になっているそうで。

知らなかったワー。

ただね。

QTEってのは、どうあっても、糞システムだと思う。

鈴木裕は天才的だが、QTEはアカン。

えーと、いちおう説明しますが、QTEってのは、クイック・タイム・イベントの略。

イベントシーンで、頃合いを見て「Aボタンを押せ」などと画面に指示が出てくる感じのアレである。

エサを欲しがる実験中のサルのように、ユーザーを畜生化する感じの素晴らしきアレである。

ヒドイのだと「Aを押して、右を入れて、Bを押して、下を入れて、上を入れて・・・」と、アフォみたいなのになる。

ええ加減にせぇよ、と言いたくなる。

QTEは、なぜダメなのか。

理由はカンタンだ。

プレイヤーが求めているのは、「操作している感」である。

決して、「操作させられている感」ではない。

労働の場合と同様。

やらされ感のある仕事は、ツライ。

やってる感のある仕事は、タノシイ。

しかるに、QTEが生み出すのは、ほぼ「操作させられている感」のみである。

では、そこに欠けているのは何なのか。

「ヤッてる感」のためには、選択が必要だ。

様々な操作の中から、自分が「コレ!」と思ったものを、「いまだ!」と感じた瞬間に、レバーなりボタンなりで入力する。

そして、その結果を受取る。

これが大切なポイントであーる。

まずもって「自分の選択」があり、その後で、「正しい入力」がある、ということだ。

しかし、QTEには、前者がない。

ただ後者があるのみ。

つまりは、モンキーナイズである。

「イッツ・ア・モンキナーイズ!」である。(?)

だから、ダメなのだ。

サルのようにゲームをやるユーザーも、しかし、ただのサルではないのだ。

そんなことをされたユーザーは、ゲームの前からサルのである。(全然うまくない)

⇒ 当ブログ管理人kihiro:作品一覧、著者略歴