読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

垂流

報酬月額7桁超えの「それなりアフィリエイター」が語る日常

ゆう活で顔が曲がる話を教える技術

・国家公務員の勤務時間を前倒しする「ゆう活」のサイトに載ってる男性が加藤鷹に見えちゃったブリリアントな午後、みなさま、いかがお過ごしでしょうか。朝早く起きて、仕事をさっさと終えて、超深爪なゴールドフィンガーで、夕方から、ゲフンゲフンですね?

・一月半ぶりくらいに奥歯が入りました。治療してたんですわ。もう片方だけで噛まなくて済みます。ずっとあのまま片側だけで噛み続けてたら、顔が曲がっちまうとこだったYO!

・『行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術』石田 淳(著)、読了。それなりに売れたらしいので読んでみたけれども、まぁ、何というか、「年に数冊しか、あるいは、まったく本を読まない人向けの本」といった印象ですな。あと、これって「教える技術」というよりは、「(部下を)育てる技術」だよね。内容的には、「具体性のある指示を出す」だとか、「行動を評価する」だとかが、書かれている。「最初から仕事の話をしてはいけない」なんてことが書かれている章もあったりするのだけど、これを言われないと分からないヤツがいること自体が、かなり怖いんですケドも。まぁ、「一枚岩になろう」とか「やる気を出せ」とかイッちゃうヤツは頭がアレですよね、というのが個人的な意見だけど、実際にヤッちゃってる人からすると参考になるのかもしれまへん。だいたい、そんな感じではありますが、普通のオッサンが書かれているとおりにキチンと書き出したりしながら部下を指導すれば、結構、良い結果は出そうなトコロが、面白いっちゃー面白い。

 

行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術

行動科学を使ってできる人が育つ!教える技術

  • 作者: 石田淳
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2011/06/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

⇒ 当ブログ管理人kihiro:作品一覧、著者略歴