読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

垂流

報酬月額7桁超えの「それなりアフィリエイター」が語る日常

amazon系の本朗読してもらい(オーディオブック聞き)放題サービスAudibleを早速試してみたのでレビュー

Audibleであーる。

何なのかと言えば、アプリで本の朗読を毎月の定額制で聴き放題しちゃえるサービスであーる。

ワタクシ、端末はiPhone6Sを使っているのですが・・・。

これまでは、Kindleで表示し、それをボイスオーバーというiPhoneの読み上げ機能を使って聞いていました。

これはこれで、結構、イケる。

しかし、その読み上げをスルのは「機械」である。

なので、文字によっては、途中で突然、中国語読みになったりするようなオチャメな面がある。

そこで、Audibleの登場であーる。

キャッチフレーズは、「アプリで本を聴こう」だそうで・・・。

運営しているのは、amazon系の会社とのこと。

昔からCDなどで提供されていた「オーディオブックが、月額固定で聴き放題になっちゃうサービス」なのだそうな。

こちらの読み上げについては、当然、プロがやっているので、かなり聴きやすい。

で、気になるお値段は、月額1500円ナリ。

amazonの回し者ではアリマセンが、それなりに本を買う人であれば、「超お得!」かと思います。

そんなワケで、早速、試してみた。

あはー。

使い方、っつーか、使う準備は、とってもカンタン。

1.アップルストア、グーグルプレイなどで「Audible」を検索。

2.インストール&起動。

3.amazonのアカウントでログイン。

これだけ。

あとは、レコメンドから選んだり、好きなキーワードで検索したりなんぞをして、ダウンロードして聞けばヨロシイ。

個人的には、どう考えても、毎月10冊以上は聞く。

たぶん、30冊くらいは余裕で聞くだろうと思う。

するってぇと、1冊あたりのお値段は、50〜150円・・・。

安っ!

つーか、従前のオーディオブックは、本に比べると結構お高めなので、そーゆー面でも、かなり喜んでます。

あとは、「ラインナップがどのくらい充実するか」ダナー。

いまのところ、ビジネス書が322冊、文学が272冊だそうです。

他にも、落語が179冊、童話・絵本が612冊、ロマンス・ホラー・ミステリーが168冊、ライトノベル・アニメ・声優が205冊、語学・学習が455冊、ヒーリングが165冊だそうです。

それと、アプリの使い勝手ですが、まぁまぁ、デス。

シークバーでスキップしたり、30秒刻みで前後にジャンプしたりができます。

速読は、3倍速まで。

再生速度の設定は、0.75倍、1倍、1.25倍、1.5倍、2倍、2.5倍、3倍となっています。

しかし、元の読み上げ速度がかなりゆっくりなのが多く、4倍速くらいは欲しいトコロだな、という印象でした。

なので、Kindle+ボイスオーバーに比べると、結構、遅い。

といった感じですね。

そんなこんなで、総括ですが・・・。

「これって、ずっと欲しかったサービスだよなー」と、自分では思ってます。

ゲームしたり、料理したり、掃除したり、運動したりしながら、ドンドン読める。

目も疲れない。

金も、あんまり掛からない。

うれすぃ、うれすぃ、うれすぃ、なぁ。

という感じ。

しつこいようですが、あとはラインナップがどんだけの勢いで増えていくか、デスね。

ちなみに、初月は無料だそうです。

結論としては、「オススメ」です。

はい。

唯一イライラするのは、ロゴは「audible」なのに、サイト名・サービス名が「Audible」なトコです。

やだワー。

すんごい、気になるワー。

⇒参考リンク(Audibleのサイト)