読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

垂流

報酬月額7桁超えの「それなりアフィリエイター」が語る日常

才能の在処と「センスのある人は違う」というセリフの浅薄さについて

まいど、どーも。

耳から鼻毛が生えるくらい寒いですね、でお馴染みのkihiroだよ。

で、コレ、読んでたんデスけど。

 

news.denfaminicogamer.jp

 

アレですね。

イイ記事ですね。

何がって言うと、桃太郎電鉄をチューニングしまくって作ってるクダリ。

多くの場合、できあがったモノだけをみて、その完成度の高さに、「センスのある人は違うなぁ」などという感想を漏らしがちですが・・・。

実際には、こういう泥臭い作業をやってやってやりまくって、その中から、「こうした方がイイ」、「こうすべき」という話が出てきているというコト、だわな。

人は往々にして、「サッとやったら、パッとできる」みたいなことを才能だと思いがち。

しかし、本当は違う。

ずーっと関わり続ける中で、色々なものが見えてくる。

そして、その末にできあがったものが、人を唸らせる。

だから、長く関わることができるというそのことこそが、才能であり、才能の在処なのだよ、という話。

うん。

ただ、その後に出てくる、「“王道”から外れない発想」ってーヤツは、個人的にはムリ。

だと思った。

おわり。