読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

垂流

報酬月額7桁超えの「それなりアフィリエイター」が語る日常

「ごめんなさい」に添えるべき、効果的な言葉を学べ

ども。

「ピリリと辛い」を「ピリ辛」と略されたときの、「リと」と「い」の気持ちになってみろ、でお馴染みのkihroだよ。

また、ニュースを見ていたのだけれど・・・。

いわゆる、「おとり物件」の話。

yukan-news.ameba.jp


ネタ自体は、すでに入居者のいる部屋を空き物件としてネットなどで紹介して、それに釣られて不動産屋に来店した客に、別の物件をセールスするという手口の話なんですが・・・。

コレ。

雑誌とかネットとかで見たカワイコチャンを目当てに出かけたら、「あー、◯◯ちゃんですかー。いまロングで指名入っちゃったんですよネー!他にもいい子いますYO!」みたいな話は、よくありますよね。

ネー。

って、いつの間にか、フーゾクの話になってますけど。

ゲフンゲフン。

不動産のおとり物件の件は、まぁ、「商売とは信頼なり」ということを知らないクソガキがやりそうな手口ですし、ぜひとも然るべき対策をしていただければとは思うんですが・・・。

それよりも、気になったのが、ニュース内に出てきた、このフレーズ。

 

「少なからず、ごめんなさい」と謝罪した。


ってヤツ。

少なからず、ごめんなさいwww

少なからず、ごめんなさいwww

言うの?

これって、普通に言う言葉なの?

いやぁ、おもしれーなぁ。

いいデスなぁ。

いわゆる「天然もの」ってヤツですよね。

「少なからず」に「ごめんなさい」を続けるセンス!

あるいは、「ごめんなさい」に「少なからず」を添える天賦の才!

是が非でも、見習ってイキたいものです。

なので、ワタシも新たな組み合わせを考えてみました。

・やけに、ごめんなさい。

・まずまず、ごめんなさい。

・そこはかとなく、ごめんなさい。

・ひとかたならず、ごめんなさい。

・・・。

うーん。

違う。

違うんだよ。

謝罪なのに、否定するとは言え、「少ない」という言葉を使うことに妙があるんだよ、なぁ。

というワケで、「ごめんなさい」に添えるべき言葉は、「少なからず」で決定しました。

はい。

これには、誰もが納得ですね。

でしたね。

と、完全にどうでもイイ話でしたが・・・。

まぁ、日本語って面白いねっつーコトで。

またー。