読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

垂流

報酬月額7桁超えの「それなりアフィリエイター」が語る日常

インチキニュース番組のインチキコメンテータと究極的なズレの体現者について

こんぬつは。ミミズの褌を煮た汁を飲むと万病に効くのだが、ミミズの褌などはないのだよ、でお馴染みのkihiroですよ。どーもどーも。

ほぼテレビを見ないので、ちょっと見かけたことがあるかなぁ程度の彼でしたけど・・・。

 

netgeek.biz

 

かなり面白いことになっていますね。

ただ、個人的には、インチキニュース番組にインチキコメンテータが出るのは、当然。

という気がしないでもないですワ。


番組のどこがインチキなのかについては、コチラの記事をご覧くだたい。

blogos.com


また、「インチキ」という言葉は、「本物でないこと」の意味で使っている。

トコロであーる。


さて、ご存知のとおり、報道ステーションの前身はニュースステーションである。

こちらも、ニュースショーという意味では、同じだった。

でも、久米宏というカシコが回していたから、何とかなっていた。

賛否はあるものの、多くの人がただニヤリとするだけで、受け流すことができていた。

メインキャスターが、そういうインチキ臭さも含みこんだ番組であることを理解しつつ、上手に捌いていたからだ。


しかし、その後を継いだのが、古舘伊知郎であーる。

いやいやいや。

ソレはない。

ムリムリ。

当時、そう思ったのは、ワタクシだけではないハズだ。

つまりは、いわゆる、「もんどりうって倒れる」の状態であーる。

びたーん。


古舘伊知郎は、実際、かなりズレている。

イケてる分析・シブい批評をしているつもりでありながら、フォーカスすべき点がズレ、ピントもズレている。

ズレズレである。

過去においては、そうしたズレは、プロレスという存在自体がズレであるショーとうまくブレンドされることで、誰も聞いたことがないようなオモシロ実況ができあがった。

80年代のプロレスブームとマッチして、押しも押されもせぬ「名物アナ」になった。


しかし、さすがに報道(系)は違った。

ズレた視点でも見られる人には務まるにしても、ただただズレているだけの男にはさすがに務まらない。

だから、そういう意味では、もし彼にやらせたいのなら、もっと砕けた感じにすべきだったのだろう。

つまり、現在あるようなワイドショー以上にぶっ飛んだ、ただニュースをネタとして扱ってギャーギャー騒ぐだけの完全なるゲスゲスな「ショー」にすべきだった、ということだ。


けれどもテレビ局としては、視聴率が取れていたニュースステーションを、そのまま捨てる気にはなれなかった。

そこで、嵌めこまれたパーツが彼だったワケだが、生じたのは違和感だけで、そんな状態が10年以上続いてきたのだから、何とも寒気がしてくる。

実際、メインキャスターは、どうやら大真面目にしゃべっているようなのだけれど、すべてが完全にふざけているようにしか見えず、さりとてちゃんとしたツッコミもオチもなく、ひどく居心地の悪い感じにしかなっていなかったし、それはいまでもそうだろう。

ケツのあたりがモゾモゾ、ゾワゾワしてくる感じ満載の番組で、ずっとあり続けている。

そういう意味では、スゴイと言えばスゴイ。

かもしれない。


と、インチキコメンテータ問題から、かなり離れてしまったが・・・。

川上某については、どうかと言えば、メインキャスターの微妙なコメントに対して、いわゆる「利いたふうなことを言う」のが役目だったのだから、まったくもって適任だったとしか言いようがない。

という感じですナ。

うん。


つまりは、あの番組に真実性など求めていないし、クッソ面白いから、まぁ、いいんじゃねーの?

ってダケ、だわ。


おしまい。